ハルビンで絶対外せない観光スポット厳選5

ハルビンで絶対外せない観光スポット厳選

ハルビンの場所とハルビンについて

まずハルビンの大体の場所を見てみよう。

 

ハルビンは中国でも東北に位置し、緯度は北海道の稚内、経度は沖縄あたりになっている。
ハルビン,観光

 

よって、冬は非常に寒い。最も気温が冷え込む1月は昼間でマイナス10℃、夜はマイナス25℃となる。一方夏は7月が一番暑く、昼は28℃、夜は18℃になる。

 

もし、雪まつりのために冬にハルビンに旅行する場合は、毛皮のコートが必須だ。日本で買う必要はない。ハルビンに到着してから購入しよう。

 

ハルビンは内陸に位置し、夏の晴れの日は空気が乾燥していて非常に快適な気候だ。雨が降ると蒸し暑いのは日本と同様だ。

 

 

 

ハルビンの地図をもう少しアップしてみてみよう。
ハルビン,観光

 

北朝鮮とロシアとほぼ同じ距離に位置している。

 

ハルビンはロシアと近いこともあり、中央大街にはロシア人が比較的多く、ロシア料理専門店もたくさんある。

行きたい場所が決まったけど、詳細が決まらない。
そんな時は提案型比較サイトタウンライフ旅さがしが便利ですよ。旅の目的や予算などをフォームに入力するだけで、各社が最適な旅を提案してくれます。

ハルビンの特徴

ハルビンの行政区域は9市轄区、2県級市、7県からなっている。

 

ハルビンの交通は発達していて、ハルビン太平国際空港は国際線として、 大阪(関空)、新潟、ハバロフスク、仁川、台北(桃園)と直行便で結んでいる。加えてセントレアに就航して春秋航空も直行便で結ばれている。

 

国内線は主に北京、上海、大連、青島と結ばれており、日本から乗り継ぎ便でハルビンへ行く場合、上海、青島、北京で乗り継ぐ場合がほとんどだ。

 

 

宗教に興味がある人は少ないが、中国の中でハルビンはキリスト教が多い。

 

ハルビンで有名なスポーツは、アイスホッケー、フィギュアスケートでさすが極寒の地といったところだ。

ハルビンの観光地|聖ソフィア大聖堂

ハルビン,観光
聖ソフィア大聖堂は、ロシア正教会の聖堂だ。ハルビンを象徴するロシア建築であり、現在は教会・聖堂としては使用されず、ハルビン建築芸術館として一般公開されている。

 

聖堂内は広く非常にきれいだ。
ハルビン,観光

 

 

1907年に、帝政ロシアの兵士の軍用教会として創建され、1932年に増築され今の姿になった。

 

聖ソフィア大聖堂前は広大な広場になっており、様々なショップやイベントが開催されている。現地の人のデートスポットにもなっている。

 

夜は美しくライトアップされて、音楽隊による演奏もある。

 

聖ソフィア大聖堂周辺は常に音楽が流れており、ディズニーランドやUSJなどのテーマパークにいる気分にもなる非常に魅力的な観光地だ。

 

聖ソフィア大聖堂はハルビン旅行の際には必ず立ち寄ってほしいスポットである。

 

ハルビン,観光

 

ハルビン,観光

 

ハルビン,観光

 

ハルビン,観光

ハルビンの観光地|太陽島

太陽島はシャングリラ ホテル ハルビンの近くに位置し、ハルビンホテル宿泊はソフィテルかシャングリラの二択の記事でも紹介した。

 

中央大街と川を挟んで対岸に位置し、ゴンドラか船で移動する。ちなみにゴンドラは2元と激安。船の前のおばちゃんに2元を渡すと乗船できる。

 

ゴンドラは35元必要だ。

 

また、少し回り道になるが橋が架かっているためタクシーでも移動できる。

 

現在ハルビン市内は大規模な地下鉄工事中で、2020年にハルビン市内から太陽島へ繋がる予定だ。

 

太陽島で最も有名なのがハルビン氷祭りだ。北海道でも氷祭りが開催されるが規模が違う。ライトアップされ非常に美しい。
ハルビン,観光

 

 

太陽島はもともとロシア人の別荘地だったが、観光地化に向けた努力によって栄えた島だ。

 

一時期環境汚染によって観光離れしてしまった太陽島だが、国家を挙げた環境保護政策によって中国国内でも有数の観光地へと成長した。

 

太陽島はとても広大で巨大な石造など観光客を楽しませてくれる。聖堂に続きこちらもぜひ訪れたいスポットだ。
ハルビン,観光

 

 

ハルビンの観光地|中央大街

ハルビン,観光
中央大街もハルビン旅行には必須だ。上の写真は中央大街の最も端、川沿い側となる。

 

中央大街のは非常に大きな通りになっており、両サイドには様々なショップが軒を連ねている。

 

中央大街でまず立ち寄りたいのがアイスクリーム屋さん。シンプルなミルク味のアイスでとてもおいしい。現地の人にも大人気で1人で3本買う強者もいた。

 

このアイスの難点は非常に溶けやすいことだ。一本食べ終わらないうちにだらだらと溶けてしまう。3本アイスを買った人を観察していたが、2本目を食べ終わったころには大変な事態になっていた。
ハルビン,観光

 

 

もう一か所立ち寄りたい場所が屋台だ。中央大街の直角方向には巨大な屋台が立ち並んでいる。
ハルビン,観光

 

食べたいものを散策しながらじっくり選んで席でビールとともに頬張ろう。

ハルビンは「ハルビン」と「ハルピン」のどちらが正しいのか?

ネット上には結構ハルビンやハルピンと乱立していて、どちらが正しいのか疑問に思う人が多いと思うので正しい答えを回答しよう。

 

結論から述べると「ハルビン」が正しい。

 

ハルビンは英語でHarbin、であり、ピンイン読みでHaerbinとなり、ハルビンが正解だ。

 

ではなぜハルピンと勘違いしている人が多いのだろうか。

 

実は、中国語のbは破裂音といって、その名の通り破裂するように発音する。

 

破裂音は二つあり、pとbがある。

 

pは「ポーンッ」という擬音語を声に出した時のポだ。

 

bも「ボーンッ」と激しい感じで発音した際に出るボなのだ。

 

よって、中国人や正しい発音でハルビンを発音すると、日本人にはハルピンに聞こえる。

 

しかし、実際にはハルビンと発音していて、表記上も正しいのはハルビンである。

 

ハルピンと表記したり発音するのは、発音上でも間違いなので注意しよう。

ハルビン観光のまとめ

ハルビンは日本人にとって馴染みのない地域であるが、実際には非常に楽しめる場所である。

 

ここでは紹介していないが、有名な観光地の他にも、カラオケや町中の屋台(中国人が二次会や三次会で利用する)、マッサージ店などが沢山ある。

 

このサイトの訪問者が増えてきたころに、中国の本当の愉しみ方を紹介できるツアーを開催する予定だ。

 

それまでは、このサイトを参考にぜひハルビンを愉しんでいただきたい。

行きたい国がある。でもホテルや観光スポットが決まらないとき

行きたい国が決まっても、行きたい場所、やりたいことが決まっていないとはタウンライフ旅さがしを利用すると便利です。


旅行でやりたいこと、行きたい場所を自由記述で記載すれば、最適なプランを紹介してくれます。


大まかなプランを紹介してもらい、その後詳細を決めていけば、完璧な旅行計画が完成します。


提案してもらうと、旅の本が一冊、実際に旅行に行くとクオカード1000円分ももらえます。


【タウンライフ旅さがし公式サイト】
https://www.town-life.jp

  • 大体の日程や行きたい地域だけでもOK
  • 自由記述でプランを希望できる
  • 今なら旅の本とクオカード1000円分

関連ページ

ハルビンホテル宿泊はソフィテルかシャングリラの二択
ハルビンは中国の中でも東北地方に位置し、冬は氷祭り、夏は観光と旅行にぜひ行きたい地域だ。そんなハルビンの宿泊ホテルはソフィテルとシャングリラをおすすめする。
食べ物が美味いハルビンへ格安で行く方法
中国の中でも比較的日本人観光客が多いハルビンは、食の街であり、ハルビンでしか食べられない東北料理を堪能することができる街だ。そんなハルビンへ格安で行く方法を紹介。