タイのタクシーの乗り方とぼったくりを回避する方法

タイのタクシーの乗り方とぼったくりを回避する方法

タイのタクシー事情

タイ,タクシー
タイは車文化ということもあり、街にはタクシーがあふれている。

 

料金も安く気軽に利用できる便利な国だが、注意点もいくつかある。

 

この記事では、

 

  • タクシー料金
  • スワンナプーム空港のタクシー
  • タクシーの乗り方
  • ぼったくりにあわないための方法

 

を詳しくお伝えしよう。

行きたい場所が決まったけど、詳細が決まらない。
そんな時は提案型比較サイトタウンライフ旅さがしが便利ですよ。旅の目的や予算などをフォームに入力するだけで、各社が最適な旅を提案してくれます。

タイのタクシー料金

タイのタクシー料金は次のようになっている。

 

初乗り料金が35バーツで、1qまで定額。それ以降は1qごとに5.5バーツずつ上がっていく。

 

10〜20km 1km毎に6.5バーツ
20〜40km 1km毎に7.5バーツ
40〜60km 1km毎に8バーツ
60〜80km 1km毎に9バーツ
80km以上 1km毎に10.5バーツ

 

少し細かいが、要するに長距離ほど高くなる。

 

また、渋滞時など、時速6q以下のスピードでは、1分ごとに2バーツメーターが上がっていく。

 

 

スワンナプーム空港からパタヤやバンコクのタクシー料金

バンコクのスワンナプーム空港から、バンコク中心地やパタヤまでタクシーで行きたい人も多いだろう。

 

空港のタクシーを利用する場合、先ほどの料金と別に、空港使用料50バーツが加算される。

 

タイの空港からバンコクまでの相場は500バーツ以内、パタヤまでは1500バーツほどが相場だ。

 

メーターを回してもよいし、乗る前に事前に交渉する場合もこの料金が基本になる。

 

空港のタクシー乗り場だが、掲示板が沢山出ているため迷うことはない。

 

案内通りに進めばタクシー乗り場に到着できる。

 

 

タクシーの乗り方と注意点

タイのタクシーの乗り方は、日本とほぼ同じだ。

 

空車のタクシーを見つけて手を挙げれば停車するので、行き先を伝えて乗車すればよい。

 

しかし、いくつか注意点があるので覚えておく必要がある。

 

まず、空車と乗車の見分け方だが、タイのタクシーは日本のタクシーと同じように、空車の場合は空車ランプがついている。

 

しかし、空車のタクシーに手を挙げても止まってくれないこともある。

 

日本でもいわゆる乗車拒否はあるが、タイではその頻度は高い。

 

乗車拒否の理由は、すでに予約が入っている、酔っぱらいを載せたくない、気分が乗らないなど様々だが、あくまでも客を乗せるか乗せないかは運転手の自由。

 

街中にタクシーはいくらでも走っているので次のタクシーを探そう。

 

 

もう一つはメーターを倒さない運転手がいるということだ。

 

これが意外に多い。

 

メーターを倒さないタクシーのパターンは二つあり、一つは目的地に到着してから高額な金額を請求する場合。もう一つは、先に金額を提示しするパターンだ。

 

なので、タクシーに乗車してメーターを入れない運転手には、必ずメータープリーズと一言声を掛けよう。

 

タイ人から見る日本人は皆お金持ちだ。日本の物価はタイの3〜4倍であり、100バーツは大体1000円の価値、1000バーツは1万円ほどの価値がある。

 

200バーツを提示すれば、日本円では約600円だが、タイの運転手にとっては2000円以上の価値があるため、生活のために交渉したいのだ。

 

とはいっても、最近のタイのタクシーは、結構な確率でぼったくりや高額な料金を吹っかけてくることが多い。

 

例えば、バッポンからスクンビットのホテルまで、通常なら40〜60バーツでいけるが、多くの運転手は200バーツを請求する。

 

しかも、メーターを倒すようにお願いしても絶対に倒さない。交渉がまとまらなければ乗車拒否されるのだ。

 

繁華街で日本人を乗せるときはメーターを倒さず、200バーツで交渉、払わなければ乗車を拒否することをタクシー業界で取り決めているかのごとく、すべてのタクシーに拒否される。

 

200バーツといえば、日本のタクシーの初乗り料金ほどで、それでもかなり安いのだが、気分は良くない。

 

 

もしこのような交渉に巻き込まれたくない場合は、Uber(ウーバー)というアプリを利用するのが最も良い方法だ。

 

すでに1億ダウンロードを突破した配車アプリで圧倒的シェアを誇り、タクシーを簡単に正規料金で呼ぶことができる。

 

支払いはクレジットカードで完了し、不正料金の心配は一切ない。

 

タクシーに搭載されたGPSの最短移動履歴から料金が計算されるため、不正しようにも不正できない仕組みになっている。

 

空港からバンコクなどの長距離移動から、チョイ乗りまで幅広く利用でき、車種のランクも指定できるので、タイを訪れる際にはぜひ利用したいアプリだ。

 

以下のコードを入力すれば1500円分の無料乗車金額がチャージされるので、ぜひタイのタクシーに利用してみてほしい。

 

招待コード
↓↓

 

ua2tq8

 

行きたい国がある。でもホテルや観光スポットが決まらないとき

行きたい国が決まっても、行きたい場所、やりたいことが決まっていないとはタウンライフ旅さがしを利用すると便利です。


旅行でやりたいこと、行きたい場所を自由記述で記載すれば、最適なプランを紹介してくれます。


大まかなプランを紹介してもらい、その後詳細を決めていけば、完璧な旅行計画が完成します。


提案してもらうと、旅の本が一冊、実際に旅行に行くとクオカード1000円分ももらえます。


【タウンライフ旅さがし公式サイト】
https://www.town-life.jp

  • 大体の日程や行きたい地域だけでもOK
  • 自由記述でプランを希望できる
  • 今なら旅の本とクオカード1000円分

関連ページ

名古屋からタイへ行く方法と夜遊び最強のホテルはこれ
名古屋からタイへの最も安く便利な行き方と夜遊びで宿泊する最強のホテルを紹介。