中国で最もお得に元に両替する方法保存版

中国で最もお得に元に両替する方法保存版

通貨によって最適な両替方法は異なる

元,両替,格安
海外旅行の際、必ず現地通貨に両替するが、この手数料が意外に高い。

 

そこで、できるだけ手数料が安くなる方法で両替したいのだが、国によってその方法が異なるのは言うまでもない。

 

例えば、中国ではクレジットカードのキャッシングが最も手数料が安く、タイでは現地両替所が最も安い。

 

今回は中国元への両替する具体的な方法を紹介しよう。

行きたい場所が決まったけど、詳細が決まらない。
そんな時は提案型比較サイトタウンライフ旅さがしが便利ですよ。旅の目的や予算などをフォームに入力するだけで、各社が最適な旅を提案してくれます。

中国元は絶対に日本の空港で両替しないこと

元へ両替する際に最も手軽な方法は出発前に空港で両替する方法だ。

 

しかし、これは全くおすすめできない。

 

空港ではトラベレックスという両替所が有名なので、トラベレックスの両替手数料を見てみよう。
元,両替,格安

 

記事執筆時点の元レートは15.25円だった。

 

同時のトラベレックスの元両替レートは16.92円だ。

 

これは異常に手数料が高い。

 

1元あたりの差額にして、1.67円もの手数料がかかる。

 

パーセントにして約11%だ。

 

もし5万円両替する場合、約5500円もの手数料がかかることになる。

 

10万円両替すると11000円だ。

 

 

もし、元ではなくアメリカドルであれば手数料は数パーセントだが、中国元に関しては手数料が非常に高い。

 

よって、空港や日本の銀行窓口で中国元への両替はまったくおすすめできないのだ。

 

では、他の両替方法を紹介しよう。

現地空港で両替する

日本の空港で両替するよりはオススメだ。

 

日本はレートに手数料が乗っているが、中国の空港ではレートに加えて、「手数料」という項目で手数料が必要だ。

 

レートは日本に比べて圧倒的に良いため、高額の両替なら割安になるのだ。

 

よって、少額の両替はおすすめできない。いくらレートが良くても、手数料がかかるために実質日本の空港とそれほど大差はない。

ホテルで両替する

宿泊先ホテルが有名なホテルであれば、宿泊先ホテルでも元に両替することができる。

 

少なくとも、上海の高級ホテル大公開!宿泊するならここだ!や、ハルビンホテル宿泊はソフィテルかシャングリラの二択で紹介したホテルに宿泊すれば間違いなく両替可能だ。

 

ホテルの両替は中国の空港に比べてレート、手数料は若干安く設定されている。

銀行で両替する

銀行でも両替可能だ。しかし、中国旅行で銀行で両替することはあまりお勧めできない。

 

手数料がかかり、さらに銀行窓口は両替以外の業務もしている。

 

英語が通じないことが多く、中国語のみの対応となるためだ。

 

 

中国では面白いことに、銀行の中で銀行とは別の人が両替をしていることもある。

 

一般的に闇両替と日本人には呼ばれているようだが、中国国内では一般的だ。

 

この際の両替レートは非常に良い。手数料も安い。

 

銀行の警備員の前で堂々と両替している光景は実に不思議だが、安く両替したい場合にはおすすめだ。

 

 

注意点としてはピンハネされないように、両替されたらその場で通貨を数えるようにしよう。

最もおすすめはクレジットカードによるキャッシング

いよいよ本題だが、もっともお得に元へ両替するにはクレジットカードを利用する。

 

方法は非常に簡単だ。

 

中国国内には至る場所にATMが設置されていて、ATMにカードを入れてキャッシングする。

 

できれば安全性を考えて、銀行内のATMを利用しよう。

 

 

まずカードを入れると中国語か英語を選択する画面になるので英語を選択しよう。

 

後は画面に従うだけだ。

 

キャッシング金額は定額の選択式になっている。

 

どういうことかというと、100元、500元、1000元、1500元、2000元、2500元の六択から金額を選ぶことになる。

 

1日にクレジットカード1枚につき最大2500元までしか利用できないので注意しよう。

 

 

この場合の手数料は非常に安い。

 

例えば中国で筆者が両替した日の元の為替レートは15.55円だった。

 

その日にクレジットカードでキャッシングし、後日明細を確認してみるとカード会社のレートは15.6円だった。

 

ほぼレート通りに両替できたことになる。

 

 

一般的にクレジットカードによるレート手数料は1〜2%といわれているが、実質さらに安い金額で両替できたことになる。

 

よって、中国元への両替はクレジットカードがおすすめだ。

 

キャッシングには当然利息がかかり、年率約18パーセントだ。

 

よって、帰国後に繰り越し返済の電話を一本入れれば、キャッシング利息も安くすることができ、

 

トータル金額も圧倒的にお得なのだ。

中国でキャッシングに使えるクレジットカードは?

中国ではすべてのクレジットカードが使えるわけではない。

 

クレジットカードの国際ブランドはVISA、MasterCard、americanexpress、JCB、diners、Discover、銀聯の7つある。

 

銀聯はご存知の通り中国発祥のブランドであり、中国国内で圧倒的に利用できるシーンが多い。

 

しかし、中国国外となると急に利用シーンが狭くなるため、銀聯を発行することはおすすめできない。

 

日本では、三井住友銀行と東京三菱UFJ銀行が発行しているので気になる方は覗いてみよう。

 

 

中国で便利なカードブランドは圧倒的にVISAだ。他のカード会社は利用できないことが多い。

 

VISAカードが1枚あれば多くのATMでキャッシングできるので、1日に2500元以内のキャッシングであれば、最低でもVISAカードを1枚持参しよう。

 

北京首都国際空港のラウンジは最高!プライオリティパスで利用で紹介した通り、楽天プレミアムカードはプライオリティパスが無料でついていて、国際ブランドのVISAも選択できる。

 

これから中国に行くのであれば、最もおすすめできるカードの一つでもある。

 

キャッシングによるキャンペーンも多く、イベントに当選する楽しみもあるので、1枚は所持しておきたいカードの一つだ。

中国ではデビットカードで安全、お得に支払いしよう

両替まとめ

中国旅行の際の両替をまとめる。

 

まず、空港に到着してから銀行やATM、ホテルまでの移動分と、軽食ができる程度の元を日本の空港で両替しよう。

 

金額にすると、200元〜500元もあれば十分だ。

 

この程度の両替なら手数料は必要最小限だ。

 

 

中国に到着したら、ATMへ移動しVISAカードで2500元をキャッシングしよう。

 

元が足らなくなれば、必要に応じてキャッシングすれば大丈夫だ。

 

 

中国元の両替は意外に手数料が高額になる。

 

少しでも手数料を安く抑え、現地で楽しむための資金に充てよう。

 

行きたい国がある。でもホテルや観光スポットが決まらないとき

行きたい国が決まっても、行きたい場所、やりたいことが決まっていないとはタウンライフ旅さがしを利用すると便利です。


旅行でやりたいこと、行きたい場所を自由記述で記載すれば、最適なプランを紹介してくれます。


大まかなプランを紹介してもらい、その後詳細を決めていけば、完璧な旅行計画が完成します。


提案してもらうと、旅の本が一冊、実際に旅行に行くとクオカード1000円分ももらえます。


【タウンライフ旅さがし公式サイト】
https://www.town-life.jp

  • 大体の日程や行きたい地域だけでもOK
  • 自由記述でプランを希望できる
  • 今なら旅の本とクオカード1000円分

関連ページ

北京首都国際空港など中国の空港でWiFiを使う方法
中国の主要空港にはWiFiが多数設置されており無料で利用可能だ。中国の空港でWiFiを利用する方法を紹介する。
北京首都国際空港のラウンジは最高!プライオリティパスで利用
海外旅行に行くことが多い人に絶対おすすめなプライオリティパスは、空港のファーストクラス専用、ビジネスクラス専用ラウンジを無料で利用できる。プライリティパスの詳細と北京首都国際空港のラウンジを紹介します。
中国KTVで歌いたい中国語人気ソングランキング!
中国で絶大な人気を誇る周杰倫は、アジアで伝説の歌詞として、さらには世界中で有名だ。中国KTVで歌いたい歌を周杰倫含めて詳しく紹介しよう。
中国のカラオケ店KTVへの入店方法と利用方法
中国のカラオケ店はKTVと呼ばれ、日本に比べて規模が圧倒的に大きなものになっています。大部屋で開放的に歌を歌い、飲んで食べて楽しく遊ぶことができるKTVの入店方法や利用方法を詳しく紹介します。
上海や香港など中国へ格安で行く方法と飛行機の安全性
中国へ飛ぶ飛行機は、中国国産飛行機を利用する。もちろん日系のJALやANAも利用できるが、中国系航空会社の方が圧倒的に安い。では、中国系航空会社の安全性はいかがだろうか。
中国のタクシーの乗り方を簡単マスター
中国はタクシーが安い!タクシーの乗り方をマスターして旅行を便利に楽しく。タクシーの止め方、呼び方、料金の支払いまでを詳しく紹介。
中国でLINEは使えるのか
中国でLINEが使えないというのは常識になっていますが、実際に使えるという声もある。実際に中国に行ってラインが利用できるかどうか確認してみた。
中国人女性の恋愛観と結婚観
中国人女性とお付き合いしたい方や、結婚を考えている方に発信する、中国人の恋愛観と結婚感について詳しく紹介します。